カメラについて

ドローンの使い方として最も有名なもののひとつが空撮です。ドローンは今まで高額な費用と高い運転技術、さらには広大な敷地を必要とした空撮を手軽なものにしました。そのため、低予算で広告用の撮影や測量、調査としての空撮も手軽に行うことが出来る様になったのです。これ以外にも音楽用のビデオ撮影やテレビのバラエティー番組などで空撮は多用されています。

ドローン本体にカメラが付属されているタイプのものは、そのカメラの種類も多岐に渡ります。一眼レフやサーモグラフィー搭載カメラ、さらには、測量をすることに長けているカメラなどもあります。中でも、ジンバルというパーツがついているカメラは揺れを吸収してくれる効果を持っているので、強風でドローンが煽られてしまっても動画や写真の撮影を安定させることが可能となっています。

また、最近の撮影機材として注目されているのが4K対応カメラです。4K対応のカメラは今まで到底考えられなかったような高画質を可能としています。これはプロ用の機材だけでなく家庭用のドローンカメラにも搭載されていることがあり、動画配信サイトなどに自作の空撮をアップロードしている人たちなどからも人気が高まっています。