基礎知識

軍事用に開発された自立型無人機がドローンの始まりだと言われています。そのため、車両や航空機、延泊などの自立型機械が無人式であれば本来すべてが「ドローン」と呼ばれていましたが、2010年以降は「自立飛行する命令可能な飛行物体」が一般的には「ドローン」と呼ばれることが多いです。今まではマニアックな存在でしたが、手軽に購入できるようになったことや各種プロモーションが盛んに行われていることなどが由来してポピュラーな存在になりました。

「ドローン」は「マルチコプター・ラジコンヘリ」と呼ばれることもあります。使用用途は撮影だけでなく、農業や物流など多岐に渡ります。2015年は日本の「ドローン元年」とも呼ばれており、企業や政府が積極的にドローンを使って事業展開を行なった年でもあります。そして、今後も成長が見込まれているのです。

ドローンの語源は「オスの蜂」を英語で意味しており、飛行する時の音が蜂の羽ばたく音に似ていることからドローンと呼ばれるようになったという説もあります。人が生み出した、この小さな蜂は「最後の産業革命」とも呼ばれるほど各業界で注目されています。手軽に空を飛ぶことができるため、あらゆるビジネスモデルの誕生が期待されているのです。